HOME  >  「合気道」との出会い

「合気道」との出会い

合気道との出会い・・・高伝館館主 針すなお師範

高伝館 針すなお先生とは偶然の出会いでした。安田生命に入社して20年、佐賀支社に転勤となり近隣の居酒屋「よっちゃん」の店内が出会いの一歩でした。「よっちゃん」は小さな店で気取らない雰囲気のお店でしたが、カウンターに針すなお先生がお酒と地元の珍味料理を楽しんでいました。当時、針すなお先生は、TV「ものまね歌合戦」やNHK等で毎日のようにお見かけした有名人でした。店主が気さくな人柄で、針先生をご紹介いただいて、「合気道をやってみんね」と勧められたのです。当時、体重が増えて、健康に不安があっのですが、それを縁として高伝館に入門したのです。みるみる体重が減り、約半年で7キロ痩せお腹も引き締まりました。もちろん身体の動きも良くなったことは言うまでもありません。
入門当時、受け身も満足にできませんでしたが、針先生から直接ご指導をいただきすっかりと合気道の虜(とりこ)なったのです。東京に転勤してもそのまま高伝館の弟子として稽古を重ねました。


針すなお先生は、合気道の指導の中で繰り返し言っていることがあります。
①身体を柔らかく
②思考を柔らかく
③吸い込むような動き、円運動
④相手と衝突しない、ぶつかり合わない

合気道は力と力の競り勝つような武道ではなく、自分自身と向き合う武道であり、その中で間合いを研究し、その間合いを活かし相手の力を吸い込み、自らの技に活かすこと。
そして、最後に、合気道は「和気・合気・列気」だと。

針先生は、某新聞に政治一コマ漫画を連載されています。その発想はまさに合気道的な柔らかい発想です。今年、85歳になっても仕事も合気道も現役です。素晴らしい発想の転換と合気道の転換ー頭と身体ー合気道は両方に効果があるようです。

小さな体で大きなパワーのある人を自在に出来る、摩訶不思議な武道で奥の深い武道です。
針すなお先生
入り身投げ 相手が怪我をしないよう優しく投げてます
指導は優しく
体の杖は、素晴らしい‼️

Purpose to aim of aikido that koudenkan-tama dojo.

The traditional japanese martial arts is aikido.
That is  one of many budo, judo,kendo,karate,etc.

お問い合わせ