HOME  >  体術と杖の一体化「体の杖」

体術と杖の一体化「体の杖」

「体の杖」

剣と杖。杖道は、杖を主に叩く、突くというような扱いで武術を学びます。
「体の杖」は、杖を柔術と合体させて、主に叩くのではなく、柔術のように投げ技、関節技として扱います。天然理心流の小具足が、小太刀を単に切るだけではなく、柔術を仕掛ける手段として用いるのと同じです。
つまりは発想を柔軟にした武道なのです。
「体の杖」を学ぶことで剣術の深みも、合気道の深みも出てきます。

武道は興味深く、面白い。
「体の杖」は全ての武道に準じます。

また、間合いと体の転換を大切にします。相手の武器を恐れるのではなく、武器を無力する場所に自分の身体をかわします。小さな子供達が、もし万一の時、怪我をしない身体のかわし方を教えていきます。
杖を使い、関節技に入る技の一つです。
間合いに飛び込んで剣を無力化します、
小さな子供達にも剣術を学んでもらいます。中心線を大切にしたいからです。
子供達に剣の無力化できる場所に怖がらず入る稽古です。
お問い合わせ